「膝が痛い」なんて思って初めて、歩くことに膝が関連している、ということに気付くことも多いと言われています。

実は膝は、とても重要な器官のひとつです。

身体を支えて、歩いたり座ったりの足の動きをコントロールする役割があります。

さて、膝に負担をかけないことを心がけることができれば、膝の痛みの発生も減少しますし、仮に膝に痛みが出ても軽減することができます。

歩く、ということは健康にも繋がりますし、正しく歩けば膝の強化にも繋がります。
季節の良い春や秋はハイキングも人気ですね。

まず膝に負担をかけない為に大切なのは、靴選びでしょう。
よく言われていることではありますが、靴のサイズは大切です。

大き過ぎず、小さすぎず、指一本分の余裕が良いです。

また、足の形というのは個々に少しずつ違いますので、自分の足に合っているか、痛みがないか、キツくないか、よくチェックしましょう。

靴底の弾力と厚みも、靴の大事な機能になります。

こちらのサイトで、登山やハイキングの歩き方とか膝痛対策が紹介されていますが、そして正しい歩き方です。
まず、猫背にならず姿勢を正すというのは、膝に負担をかけないことの大前提です。

そして、膝だけで歩かずに、股関節を使うようにして、踵を意識します。

踵から着地するようにします。膝が伸びた状態からの着地になります。

姿勢、歩き方を意識するだけで、だいぶ膝の負担は解消されます。


中高年のハイキングでの膝痛予防について

ハイキング時に膝を痛めるのを防止するには、まず路面に適した靴を選択することが効果的です。

アウトドア用品では、各個人のレベルや用途に応じていろいろな種類のシューズが揃えてありますので試し履きしたうえで使用するようおすすめします。

岩場などごつごつした足場を歩くことがあるならば、トレッキング用シューズが岩場からの反発を抑えてくれるので、足のダメージを減らすことができます。

クッション性の高いものを選ぶのが良いですが、あまり重すぎるものは疲れやすいので注意が必要です。

道具の面では、他にもサポーターをつけることや、サポート機能があるタイツを着用すると筋肉のブレ防止やテーピング効果もあるので、膝痛には有効です。

また膝痛を防ぐだけでなく、木のとげや虫刺されの防止にもなるので状況に応じて着用しましょう。

ハイキングでは疲労をためない無理のないペースで楽しむことが肝心です。

起伏のあるコースでは、上りよりもむしろ下りの時に足腰に負担がかかります。

下りは怖いという恐怖心から腰が引きがちになりますが、体幹をしっかり意識して歩幅を広げすぎないようしっかりと平らな部分に足を置くことを意識して歩くようにしましょう。

段差のあるところでは、膝のクッションを使うとダメージを少なくして下ることができます。

以上のことを頭に入れ、ハイキングを楽しんできてください。


少し前から、山ガールや中高年の登山ブームなどもあってハイキングが注目されることも多くなりました。

手軽にハイキングを楽しむためには、いくつか気を付けておきたい点があると思います。

初めてのハイキングに出かける際は、なるべく近場の低い山やハイキングコースがある公園などがオススメです。

その時に心がけて欲しいのは、靴だけはしっかりとしたものを用意すること。

普通のスニーカーでも良さそうに思いがちですが、デザインに凝ったスニーカー等では大変歩きづらいので、出来るだけ軽く、何より自分の足にピッタリ合った靴でないと、ハイキングの楽しさは全く堪能できないと言っても過言ではありません。

ハイキング時の膝痛予防

最近は、中高年の登山ブームで、色とりどりのウエアで決めている中高年の方たちをよく目にします。

登山やトレッキングほどのハードでは無く、手軽に気分転換を図れる「ハイキング」というのも美味しい空気を吸ったり、鳥の観察などをしながら日常の空間から離れて自然の恵みに触れらるので心身共に良いレジャーだと思います。

膝痛や腰痛を防ぐという事を考えるなら、まずは履物が大事かと思います。

自分の足に合わない靴が、不調のきっかけとなる事もあります。くれぐれも、ヒールの無い靴で出かけるのが大事です。

以前、登山中に呆れてしまった事があったのですが、ハイヒールみたいなサンダル靴で、歩いている若い女性が居ました。

身体を動かしながら自然と戯れる事ができ、いくつになっても楽しめるのがハイキングの良い所ですね。

心も体も元気になることができます。ですが、そんなハイキングをすると必ず膝が痛くなってしまう、そのような話も多く耳にします。

そんな方はもしかすると歩き方に問題があるのかもしれません。

登山やハイキングなどで必ずある下りですが、その際滑らないようにと意識的に、あるいは無意識的に歩幅を大きくしてしまい、さらに一歩一歩どすどすと踏み込んだように着地してしまうことがあると思います。

子供のアレルギーは遺伝によるものが多く、食べ物や飲み物が原因ということは、ほとんどないようです。

体内に入ってくる「異物」に対して体が反応して、アレルギーとなって表すもので、ヒドイ場合にはアレルギーによって死亡する例も見られます。

生まれた時にすでに体内にアレルギーを持っている場合があり、普通に親からの遺伝であったり、隔姓遺伝であったりします。

改善策としましては、アレルギーの克服をしていかないといけません。

少しずつ体に慣らして行くのですが、早めの克服が身体を楽にしてくれるでしょう。

子供の頃には影響を受けやすいので、アレルギーになりやすいことも確かです。

鳥アレルギー発症...

我が家は旦那が重度の喘息・アトピー性皮膚炎・弱い鼻炎。私が重度の花粉症・弱いアトピー性皮膚炎持ち、という超アレルギー夫婦。

子供を作るのもためらうほどでした。

結局二人で子供が欲しくなって作ったのですが、一歳半になる対最近まで奇跡的にアレルギーは出ていませんでした。

そのかわり、そのために離乳食には細心の注意を払い、私や旦那のアレルゲンの食材はねんのため与えていません。

私の実家では庭で犬を飼っているので、あまり遊びにはいかず、来てもらうメインにしたり。

実家に泊ると、朝昼晩、てんこ盛りご飯におかず、デザート、アルコールを振る舞われます。

「若いから、それくらい食べられるでしょ」って母は言いますが、私、40歳過ぎてるし、ちっとも若くないんですがね。

「普段、子育てで忙しくて、全然食べてないでしょ」とも言われますが、子どもももう小学生。赤ん坊じゃあるまいし、普段は学校に行ってますし、ご飯食べる時間くらいあります。

先日泊りにいった時は、夕飯はお鍋。自宅でも勿論、鍋はします。けれど、あくまで鍋のみ。鍋と、ほんのちょっとの日本酒を飲んで夕飯はおしましです。

けれど実家では鍋はおかずの一品にすぎません。鍋がぐつぐついってる前には、普通に魚や煮物が並んでいます。そして飲み物はビール。

飲んだ後にもウコンです

楽しい飲み会でついつい飲み過ぎ、気持ちの良くなった次の日に必ずやってくる二日酔い。

とは言っても、二日酔いになるとわかっていても楽しい席でお酒にストップをかけるのはなかなか難しいですし、やめられないものですよね。

私もお酒の席ではいつも飲み過ぎて、次の日に苦しむ典型的な二日酔いになりやすいタイプです。

そのことに気づいた時から、お酒をたくさん飲みそうな日は、事前にウコン飲料を飲むようにしました。

基本は飲み過ぎないこと

お酒を飲むのはとっても楽しい事ですが、お酒が弱い人やお酒を飲みすぎた人は二日酔いになったりしますよね。

お酒は楽しいけど、二日酔いが辛いと思われる方にとってオススメの方法があります。

よく、お酒を飲む前に牛乳を飲むと良いという話がありますが、実際の所何もしないよりマシなのかもしれませんが、飲んだ牛乳はすぐに小腸へと送られて行く為に、あまに大きな期待は出来ないと思われます。

では、どうしたらいいのでしょうか?二日酔いの予防に効果のある方法は、正直なところ「飲みすぎないようにする」です。これが一番の作戦なのです。

大根おろしのビタミンC

二日良いには大根おろしが効くようです。

大根にはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは肝臓の働きを助ける役割があります。
アルコールの分解に奔走している肝臓をサポートして二日酔いを和らげます。

また、大根には胃のむかつきや食欲不振を緩和する働きもあるので、あの二日酔い時の胃のむかつきにも効果的なのです。